前へ
次へ

自分に合う暗記を考えてみる

暗記をしなければいけない科目があると、得意不得意が出てきてしまいます。
暗記をすることが得意な人であれば、成績も伸びますが、苦手な人の場合には中々成績を伸ばすことが出来ません。
試験対策のために覚えるということもありますが、学生の時にそのノウハウを習得しておくことによって、社会人になってからの仕事にも役立てることが出来るようになります。
暗記の方法は個人差もあるでしょう。
自分に合う方法を見つけることも大切になってきます。
他人から伝授をされてもそれが自分に合う方法とは限りません。
自分なりに覚えやすい方法を見つけてみるとよいでしょう。
音楽を聴きながら覚えることによって、効率がアップする人もいますし、音がないほうがよいと言う人もいます。
それぞれなので、どういう方法が自分に合うのかということもしっかりと把握をしておくとよいでしょう。
試してみてから覚えやすい方法を模索してみることも必要になってくるでしょう。

Page Top