前へ
次へ

暗記するための道具を考えてみる

勉強などをするときに暗記をすることがあります。
今回は勉強において記憶をするときに道具を使って効率よく覚えていくことを考えてみたいと思います。
暗記をするときに必要なのは、筆記用具にノートを準備することが一般的ですが、他にも蛍光ペンや赤シートなどを利用する方法が有名です。
赤く書いた文字の上から赤シートをかけると消えたようにみえ、思い出す練習をすることができます。
これらが一般的な道具ですが、他にはどのようなものがあるでしょか。
特殊な暗記方法になりますが、スマートフォンを利用する方法があります。
どうしても覚えたい内容を写真でとり、スマートフォンの待ち受け画面に保存しておきます。
待ち受け画面にしておくと画面を開いたときに何度も目にすることになり、何度忘れても何度も思い出すことができます。
そもそも暗記とは、反復を繰り返すことで記憶の質が上がり定着していくものです。
反復をするためにスマートフォンを利用する方法も、現代では有効な手段と言えるでしょう。

Page Top