前へ
次へ

暗記を効率化させる睡眠

試験の前等に暗記をする時に一夜漬け等で睡眠を取らずに勉強をするケースがありますが、長期間維持できる記憶の方法としては効果が非常に薄いです。
脳には海馬という領域が存在しますが、この海馬が記憶をする時に重要な役割を果たしています。
海馬は大きいほど、記憶力が高い可能性が高く、海馬は生活習慣で大きくする事が可能です。
そんな重要な海馬を育てる為に重要な事が、睡眠を取る事であり、逆に睡眠不足が生活習慣として定着すると海馬は縮んでしまいます。
またストレスも同時に海馬に影響を与えますが、人間は睡眠不足の時にストレスを感じるので、同時の効果で海馬に悪影響を与えてしまいます。
暗記を効率的に行う場合は、一度に全てを覚えようとはせずに、回数を重ねて徐々に記憶していく事が大切であり、しっかり睡眠を取る事で、記憶が定着しやすくなります。
また寝る前に勉強をすると暗記をする時に非常に効率がいいので、計画的に勉強すると健康的に賢くなれます。

Page Top